HOME>トピックス>クラウドファンディングのタイプや特徴まとめ

言葉の意味を理解しよう

クラウドファンディングを始める前によく使われている言葉やクラウドファンディングの種類を知っておくことで、プロジェクトに合わせて成功率を高めることができます。まずはよくある質問を読んでみましょう。

クラウドファンディングに関するよくある質問

支援者と起案者の意味を教えて下さい

支援者はプロジェクトを成功させるため資金を提供する人のことで、起案者はプロジェクトを立ち上げた人を指します。

ローンチ資金を集める際に有効なクラウドファンディングのタイプはありますか?

ローンチ資金を集める為には達成時実行型と呼ばれるタイプが適しています。このタイプは目標を達成した場合だけ、集めた資金を使うことができるというものなのでローンチ資金集めにもってこいです。

プロジェクトの規模を拡大したいのですが…

一度成功したプロジェクトの規模を拡大するためには、実行確約型と呼ばれるタイプのクラウドファンディングが適しています。このタイプなら目標金額が集まらなかったとしても資金を利用できますが、起案者は絶対プロジェクトを実施する必要があるので覚えておきましょう。

クラウドファンディング

資産運用の一種です

資産運用を個人的に行なっている方も多くなっていますが、資産運用の最近のトレンドとして、クラウドファンディングという分野を利用する方が増えてきています。クラウドファンディングとは、ある事業を開始する団体や個人の方に対して資金を提供し、その事業で獲得された利益を提供した資金額に応じて配分してもらうというものです。株式の配当金と感覚的には同じで、これをインターネットを介したクラウド形式で実施されることに特徴があります。クラウドファンディング専用のインターネットホームページが公表されていて、気に入ったファンドに投資をすることができます。

投資先を選ぼう

沢山のクラウドファンディングの運用先がある中で、ファンドの選定は大変重要です。事業が失敗に終わる、あるいは赤字の事業となってしまった場合、投資した資金が減額、あるいは帰って来ないという危険性も含んでいるので、ある程度ファンドの事業内容をチェックして、事業がうまくいかなさそうなものに対しては投資をしないといったきめ細かい対応をする必要があります。クラウドファンディングは他の投資に比べてうまくいったときの利回りは大変大きくなるので、投資先としては大変魅力的なものだといわれています。賢く利用して投資成果をあげましょう。

これまでの実績

クラウドファンディングで資金を獲得して、これまで行われてきた事業の中でもたくさんの事業で大きな成果を上げています。クラウドファンディングを扱っているサイトによっても安全性重視のサイトもあれば、将来性を重視したサイトもあるので、自分の目的に見合ったサイトを選ぶべきです。

広告募集中